2009年04月23日

圧力鍋 使い方

最近とっても流行っている“圧力鍋”
料理の幅もグンと増えるようですが、まさに買って損はなし!

まだ“圧力鍋”がよく分からない!という方のために、
圧力鍋のいろいろをまとめてみました。


******************
圧力鍋  〜なぜ、早く煮えるの?
******************
高い山でご飯を炊くと、芯が残ったなま煮えの状態になることがあります。これは空気の圧力=気圧が低いためで、気圧の低い場所では沸点が下がり、水は100℃になる前に沸騰するからです。
逆に、気圧の高い場所では沸点が100℃を超えます。 この原理を利用したのが圧力鍋です。


******************
圧力鍋  〜仕組み
******************
圧力鍋は鍋本体とフタをぴったりと密着させ、空気を閉じ込めて内部の圧力を高めるため、沸点が上がります。
内部の気圧は約2気圧、沸点は120℃近くまでになるので、どんなものにでも火が早く通るのです。


******************
圧力鍋  〜魅力
******************
調理時間が短縮できます
100℃以上の高温になるため火の通りが早く、普通の1/2〜1/4の時間で料理が仕上がります。
高圧と高温を保つため、途中でフタを開けることはできませんが、使って慣れるほどに手放せなくなる便利な鍋です。
堅い材料も柔らかくなります
大豆のように柔らかくなるのに時間がかかる素材も圧力鍋なら短時間で柔らかくなります。


******************
圧力鍋  〜経済的
******************
燃料費が節約できます
短時間で料理が出来るため、ガス代や電気代が節約でき、時間や労力も省けます。
慣れてこつをつかめば、早めに火を止め、蒸らしながら完全に火を通す余熱調理も可能になるので、さらにとっても経済的


◆◇◆◇◆◇◆◇
圧力鍋の使い方
◆◇◆◇◆◇◆◇

圧力鍋の使い方 STEP@
必ず、各パーツに異常がないかどうかを点検し、特に蒸気の出る穴が詰まっていないことを点検をします 点検後材料を入れます。


圧力鍋の使い方 STEPA
圧力鍋は鍋の中の水分を蒸発させて圧力を高め、調理をする鍋です。
ですから水分がなくては調理が出来ません。必ず、水分(水やだし、スープ、調味料など)を入れて調理してください。水分が少ないと鍋底を傷める恐れがあります。 すのこをご使用の際も、必ず水分を入れてください


圧力鍋の使い方 STEPB
材料は、圧力鍋の容量の2/3以上入れないようにします。これは水分や煮汁なども含めて2/3くらいが目安。


圧力鍋の使い方 STEPC
フタをセットします。
フタハンドルと本体ハンドルの丸いボタンをしっかりかみ合わせ、「調理」の方向へ いっぱいに押してフタを閉めます。
※各メーカーによって仕様は異なるので、あくまで参考程度としてお考えください


圧力鍋の使い方 STEPD
中火にかけます。最初は中火で加熱


圧力鍋の使い方 STEPE
加圧調理が始まります。火を弱めます


圧力鍋の使い方 STEPF
減圧。
加圧調理が終了したら火を止め圧力鍋をそのままおき、自然に冷まして減圧し、圧力表示器が完全に下がるのを待ちます。
自然に冷やすのが一番


このように、圧力鍋の使い方をマスターすれば、簡単に素早くおいしい料理を作ることができるのです(*^^*)v

ファミリーは勿論、一人暮らしの方にも圧力鍋 おすすめです!




posted by haseyuki at 12:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

:リンク集:
キャッシング審査 消費者金融 お金借りる方法−派遣社員・契約社員・バイト・パート・女性でもOK 消費者金融 フリーターでも借りれるキャッシングカード保証人なし融資 派遣社員 融資 銀行系カードローン 銀行ローン 審査 銀行ローン 種類 銀行ローン 借り換え 銀行 融資 個人 低金利 融資 低金利 ローン フリーローン 低金利 自動車 買取価格 自動車の売却 中古車売却方法 自動車売値相場 自動車 売買相場



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。